トップ > さぁいっちょ ぶぁーっといきましょー!   前へ 次へ

ショウガイをイジる

 今回は、ちょっと際どい話ですが、前からずっとやってみたかったネタなので、興味のあるかたはお読みください。(当たり前か)

 突然ですが、私は人を笑わせるのが大好きです。(おっと、、)中でも自虐ネタは好きですねぇ!(笑)
 そして、幸か不幸か私の見た目はイジりポイントが山ほどあったりします。まずハゲでしょ、、(笑)見た目、江頭2:50でしょ、、ずっと震えてるでしょ、、顔がクシャってなってるでしょ、、おまけに謎の言葉をしゃへるでしょ、、もう自虐しほうだいです。(笑)
 あれ?待てよ、、全然笑えない??ご安心ください!私の前では笑っていただいて大丈夫です。むしろ笑ってもらえないとかえってヘコみます。(笑)
 なぜ笑えないのか?実は上の5つのうち3つは脳性マヒの特徴なんですね。だから人によっては“こんなの笑えないよ!”と思う人もいるかもしれません。まぁ、ハゲもそのスジの人にとっちゃ笑えないかもしれないんですけどね。(笑)
 でもね、、私の場合、最終的には“面白けりゃあいいじゃん”ってなっちゃうんですよね。。(笑)
 もちろん、これが良いことか悪いことかは、みなさんそれぞれあると思います。ただ、私はこれも笑いとして、もう“アリ”なんじゃないかと、思うんですよね。。なんかヘンに気遣われてオブラートに包まれるより、そこに面白いネタがあるんだったら笑っちゃったほうが、よっぽど健全だと思いませんか?例えば、私がよく使うネタで、地震の話があります。

「さっき地震あったでしょ」
私「え、そう?俺いつも揺れてるから気付かなかった!」

 ・・・えーっと、、何が面白いのかというと、要は私が不随意運動でいつも震えているので、地震が来ても気付かないよ、というオチなんですけどね。(説明すんのかい!)私をよく知ってる人は笑ってくれます。(笑)
あと、これは実際にある人とした会話なんですが、何かニュースの話になったときのその人とのやりとりです。

「滝沢さん、もし捕まったらどうなるんだろうね。」
私、「どうなるんだろうね、取り調べとかさ」
「(言語障害があるから)え?なに?って全然進まないんだろうね」
私、「大丈夫、最後は文字盤使うから “お・れ・は・や・っ・て・な・い”って」・・・(一同、笑)
(※あくまでも架空の話です。)

 これはかなり際どい会話ですけどね。(笑)今でこそ、その人も軽くノッてくれますが、初めのうちは引かせちゃいましてね。。私がちょっと障害の自虐ネタを言っても「滝沢さん、それは・・・」みたいな。(笑)やっぱり、そこは信頼感というか、馴れというか、会話の深さ(深いか??)なんでしょうね。 あ、あと私の“扱い方”のうまさとね。。
 でもさぁ、ハゲネタはその前からバンバン言ってたんだよ!ハゲネタだって変わらないと思うんですけどね。(笑)

 もちろん、中にはそれが嫌だと思う人もいるでしょう。むしろそっちのほうが多いかもしれません。それは、障害への考え方だったり、性格だったり、これまでの生き方だったりで人それぞれ違います。私だって言語障害に対してはコンプレックスはあります。それも、それは年々強くなっています。年を取ると[言葉]に対して敏感になっていきますからね。ただ、私の場合はそれと同じくらい、いや、それ以上にお笑いが好きで、自虐ネタが好きで、じゃぁ自分でもやってみようと思っただけなんです。で、俺の特徴何だ?って考えたときに、あ、ハゲてんなぁ。。あ、言葉通じないなぁ。。ずっと体が震えてんなぁ。。これ使えるじゃん。と思っただけなんです。いや、“これ使えるじゃん。”も思ってないな。何も考えずにただ、思いついたまま言っただけなんです。だって、ハゲも、言語障害も言ってみれば[身体的特徴]の一つでしょ。それを、ハゲは笑いにしてもよくて言語障害はダメというのは私は違和感を感じます。ただ、これは私の経験ですが、よっぽど馴れた人じゃないと100%引かれますね。(笑)
 元々、私が自虐ネタを言い出したのは同級生との会話の中でした。昔から知っているし、同じ障害者ですから何の違和感も感じずしゃべっていました。ところが、社会に出るようになって、まったく障害者を知らない人とも話をするようになりました。そこで、いつものように自虐ネタを一発! ・・・見事にサーーッと引いていきました!そして、あの引きつった笑顔ね。。(笑)いくらこっちが面白いと思っても、場所と人を選ぶんだなと思いました。まぁ、逆にこっちもあまり馴れていない人にイジられても、ちょっと引くから同じなんですけどね!(笑)

 見方によっては、障害をイジるなんて不謹慎だという人もいるかもしれません。ですが、面白い(笑いとしてアリだと思っている)という人もいるのも確かです。それは決して侮辱したり、卑下するものではありません。もちろん、やたらめったらネタにするのはどうかとも思いますが、同じ価値観だったり、同じ思いを持っている関係性であれば、ハゲも言語障害も同じ[笑い]になるのではないでしょうか。


 しかし、、今思えば、ハゲなんて良いネタ手に入れたなぁ。(笑)

関連ページ:R-1ぐらんぷり 2018

上へ   前へ   次へ   INDEXへ戻る