トップ > 自助具バカ一代   前へ 次へ

カギ
 さてこのコーナー、最初にご紹介するのは[カギ]です。障害状況にも書いてありますが、現在私は一人暮らしをしています。ですので、当然家の鍵を持っています。実は、一人暮らしを始める際に苦慮したもののひとつとして、家の出入りと鍵をどうするかというのがありました。鍵を自分でかけることができれば誰の助けもなく、いつでも好きなときに気兼ねなく外出ができるわけです。これってある種、一人暮らしの醍醐味だと思いませんか? 家のどこから・どうやって出入りするか、普通は玄関からが当たり前なのですが車椅子では扉を開け閉めすることはかなり厳しいです。また、電動車いすではある程度玄関のスペースが必要になります。そこで私は、玄関からの出入りをやめ、居間の掃き出し窓からにしたのです。ただ、通常、窓のサッシには外から鍵をかけられるようにはなっていません。家の改修を請け負っていただいた大工さんと検討の結果、店舗用のサッシであれば外から鍵をかけられるものがあるということで、それにしたのです。さらに、鍵自体も試しに実際にかけてみた結果、そのままではかけづらいことがわかり、その場で検討の結果写真のようなものになったのです。
★これが私の[カギ]です。

   私の使っている鍵 (全体図) 私の使っている鍵 (鍵の部分のアップ) 私の使っている鍵 (斜めアングル)(クリックで拡大)

 ・・・デカイです。柄の部分は木材で、鍵の頭の部分をT字状に挟んで固定しています。初めの私のイメージでは、もっとオシャレ風に直径2~3ミリの金属の棒をL字型に鍵につけようと思っていたのですが、実験の結果、それでは細すぎて扱いづらく、その棒を鍵に取り付ける方法、さらに強度等の問題があり、この形になりました。これじゃ絶対に無くさないし、カバンに入れててもすぐ見つかりますね!それに実際、この形にして正解でした。柄の太さがちょうど持ちやすいし、T字にすることで鍵を回すときにグーで回すことができるのです。
★実際の様子

   サッシの鍵穴 鍵を挿す様子 グーで鍵を回す様子(クリックで拡大)

 サッシの構造上、鍵の開閉は”押し回し”なので少しコツがいるのですが、私の場合は何とか回せています。(もちろん、”押し回し”ではなく、ただ回すほうが楽なのは言うまでもありません。)

現在は・・・

 引っ越して、今の家は玄関(なのか?)に電動のシャッターを付けたので、そのリモコンがカギの代わりになっています。開閉もボタンを押すだけなので、本当に楽になりました。
★シャッターのリモコン

  電動シャッターのリモコン 電動シャッターのリモコンと私の手(クリックで拡大)

 一応、上のようなカギもありますが、まったく使っていませんね。。シャッターが故障したときに使うぐらいでしょうね。

実際にシャッターを開閉している動画はこちら (しっかし、頭頂部、やばいなぁ。。)


上へ   次へ   INDEXへ戻る