トップ(T) > ちょっと便利もん   前へ 次へ

ハリナックスプレス(針なしステープラー)

 さて、このコーナー一発目のご紹介は『針なしステープラー』です。ところで、ステープラーって何だと思いますか?ステープラーとは一般的にはホッチキスと呼ばれています。実は『ホッチキス』というのは商品名で、正式名称は『ステープラー』といいます。

 ずっと『針ありステープラー』(いわゆる、昔からある一般的なホッチキスですね。)を使っていたのですが、親に取られちゃいまして。。(笑)新しいのを買うことにしたのですが、「今さら針ありもなぁ。。」と思いまして、針なしにしてみました。

 商品名:ハリナックスプレス/SLN-MPH105G ¥651(税込 参考)
 発売元:コクヨ

 ひと口に針なしステープラーといっても、とじる方法が[プレスタイプ]と[とじ穴タイプ]の2種類があります。私が買ったものはプレスタイプで、紙と紙をプレスして圧着させてとじます。大きさは、従来のホッチキスよりひと回り大きいといった感じですね。若干、重量感がありますかねぇ。。
ハリナックスプレス外観 斜め  ハリナックスプレス外観 正面  ハリナックスプレス外観 側面  (クリックで拡大)

★使用感
 本体の紙を挿入する部分は1~2ミリのすき間しかなく、大量に紙が入らないようになっています。(注意書きには、5枚までと書いています。)また、従来のホッチキスと比べて多少段差が大きいので、紙を挿入する際に私は少しコツが要りました。
 閉じる際は、レバーを最後までしっかり押下しないといけないので、少し力が要ります。地面や机の上に置いて、かなりギュッと押し込む必要がありますね。。 ただ、針がないので誤って指などに刺す心配もありませんし(私、何度も指に刺しました。笑)、補充する手間も要りません。針の補充も我々には大変ですからね。
紙を挿入する部分  実際に紙を挿入した様子  注意書き部分  (クリックで拡大)

 実際に紙をとじている動画はこちら(一回失敗してます。笑)

★とじる強さ
 正直、針でとじるものよりは弱いような気がします。2枚ならそれなりに強さはあるのですが、5枚になるとだいぶ頼りないですね。。(笑)また、とじる面に対して水平にとじるよりは角を斜めにとじたほうが強い感じがします。また、下の写真を見ていただくとわかると思いますが、とじる箇所がずれてしまったりして失敗してしまうことがあります。(私fがヘタなのかなぁ。。)
 注意書きに「ビニール等には使えません。」とあったので試しにやってみたのですが、一瞬くっつきましたが、ちょっと触ると離れてしまいました。
水平にとじたもの  斜めに紙を挿入した様子1  斜めに紙を挿入した様子2  斜めにとじたもの  (クリックで拡大)

このエントリーをはてなブックマークに追加


上へ   次へ(N)   一覧へ戻る(B)

Counterアクセスカウンター