トップ(T) > さぁいっちょ ぶぁーっといきましょー!   前へ 次へ       ■コラム一覧■ 

予想外の着地点

 こうしてコラムを書いていてよくあるのは、書きたいテーマがあって、ある程度こんな流れにしようと思っていたのに、最終的に出来上がったら全然違う結末だったということです。もちろん、さすがに真逆の結末になることはありませんが、それでも「あれ?こんな結末にしようと思ってたっけ?」と思うことはよくあります。
 特にここのコラムはある意味、もろに私の主観部分です。なので、ことさらに文章には思い入れやこだわりがあります。(まじか。。)また、ぼんやりとした考えをまとめる場にもなっています。そのため、他のコーナーの原稿を書くよりも時間がかかってしまいます。その中で考えを整理したりするうちに新しい結論に至ることがありますが、そうなると最初に思っていた流れと違ってきてしまいます。
 さらに、私は文章を書くのが遅いので、書いている途中で「あれ?これ違うな」と思って書き直すことがよくあります。もしかしたら、スラスラと書くことができればそこまで引っ掛からずに文章を書くことができるかもしれませんね。一文字ずつポチッ、ポチッと打つことで自然と考える時間も増えるのかなと思います。だから余計に遅いんだろうなぁ。。(笑)

 たしかに、初めから完璧に文章の流れを組み立てるのは、よほど書きたい内容がはっきりしている時以外はかなり難しいです。なので、途中で結末が変わることはまぁ、あるっちゃあります。特に私の場合は、テーマと最初の出だしがパッと浮かんで、そこから流れを考えていくことが多いので自分が思っていた結末から二転三転していくことがあります。(それってどうなんだ!?笑)例えば、前々回の「若干、鼻につく」というコラムも当初はあんな大げさな結末になるとは思っていなくて、ただ、「“多様性”がやたら使われててなんか鼻につくなぁ。」と思ったことから書き出しました。そうして書いているうちに、あのような考えにまとまっていったというわけです。自分でも「そこにたどり着いたかー」ってな感じです。(決して見切り発車ではありません。 ・・・?)
 ただ、もちろんこのやり方ができるのは、このコラムだけです。ホームページ以外でもたまに原稿を書かせてもらうのですが、その時はキッチリ流れを組み立ててから書きます。(って、言うほどキッチリでもないんですけどね!笑)依頼される原稿というのは、ある意味テーマも結論も初めからある程度決まっているので、中身をどう膨らませていくかが作業の中心です。だから結末(オチ)をどうするかで悩むことは少ないです。(あ、でもオチはちょっと悩むかな。笑)そういう意味では、コラムの方が考え込む時間は多いですがそれだけ書きがいがあります。

 まぁねぇ、、コラムはあくまでも個人的な思いを書くものなので、納得がいくまで考えられるし自分の考えや思いを見つめ直す機会にもなりますが、自分でも予想外の着地点になると、面白いと思う反面、こんなにユルくていいのかとちょっと複雑な気持ちになってしまいます。。(笑)

関連項目
若干、鼻につく・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加


上へ   前へ(P)   次へ(N)   一覧へ戻る(B)

Counterアクセスカウンター