トップ(T) > 自助具バカ一代   前へ 次へ

電動車いす用シートベルト
 今回は電動車いす用シートベルトです。もう15年近く[マジックテープ固定方式]でやってきたのですが、今回、[クリップ固定方式]という新たなやり方に変えました。(大げさだな!笑)新しい方式はまだ試行錯誤中なんですが、一応メドがたったのでご紹介します。
★これが私の新旧[電動車いす用シートベルト]です。

   新旧シートベルトのバックル 裏面  新旧シートベルトのバックル 表面  旧(マジックテープ方式)シートベルトのバックル 裏面(クリックで拡大)
 まず大きく違うのは、バックルを固定する方法です。(っていうか、これだけなんですけどね。笑)というのは、以前、コラムでも書きましたが、私は片手しか使えないのでベルトをはめるときにバックルをどこかに固定しないといけないんですね。これまではマジックテープでバックルを固定していたのですが、マジックテープは使っているうちにくっつく力が弱くなってくるんですね。私は強力タイプのものを使っているのですが、大体半年ぐらいで弱くなり始めて、1年後にはほぼ付かなくなります。そのたびに新しいものと交換していました。ここ3・4年は、元々電動車いすに付いていたベルトのマジックテープ部分を利用して、(かなり面積が大きいので)付かなくなると少しずつズラして使っていたのですが、いよいよ使えるところが無くなってしまったので、「これはちょっと、新しいやり方を考えないといかんな」と思ったわけです。

 例のごとくまた妄想を繰り返していると、ある日、降ってきたんですね!(笑)「そうか、クリップな。。。」と。
 要は、ベルトをはめるときにバックルが後ろ方向にズレなければいいので、クリップでも十分だなと思ったのです。これなら耐久性は良いかなと。早速、長年集めたガラクタの中から適当な部品を探して、作ってみました。

  新(クリップ方式)シートベルトのバックル 裏面  クリップ部分 側面から  新シートベルト バックルとその相方(?)(クリックで拡大)
★何でも取っておくもんですね。
 「あ、クリップ!」と思ったはいいものの、そんな部品どこから手に入れるんだ?と思いました。もちろん、でっかいホームセンターなどに行けば見つかるかもしれませんが、そう行ってもいられません。そんな時に、思い出したのです!「あ、あれだ!」ってね。(笑)
 だいぶ前に買ったメジャーに、ズボンやベルトに引っかけるためのクリップが付いていたのですが、その時はジャマだからといって外したんですね。おそらくは何の気無しだったと思うのですが、「いつか、何かで使うだろう」と思って取っておいたんです。その記憶が薄っすら残っていたんでしょうね。「あ、あれがある!」となったのです。
 話は逸れますが、昔から、何だか訳の分からない細ごまとしたものを取っておく癖があって、親にも「そんなもの、捨てなさい!」なんてよく言われていたのですが、家を出て誰に遠慮することなく(でもこっそりと)ガラクタを集めていたんですね。。初めてそれが役に立ちました。(初めてかよ!笑)
(ただ、今回改めて見回してみたところ、ほとんどのものが本当に“ガラクタ”だったので、大部分捨てました。汗)

  車いす側の固定部分(現在はマジックテープ)  旧シートベルトのバックルを固定した図  新シートベルトのバックルを固定した図(クリックで拡大)
★まだ工夫する余地が・・・
 今回の改良でバックルについてはこれでまぁいけるかなと思いますが、他にも工夫が必要な点があります。
 例えば、ベルトの長さの問題があります。これがねぇ、、また難儀なんですよ!(笑)
 どういうことかと言うと、理想を言うと[ベルトを締めるときは長め、締めた後はぴったりフィット]なんです。これって矛盾してますよね。(笑)この矛盾をどうやって解決しようか、ずっと考えているんですけどね。。なかなか「これ!」というものが見つかりません。もちろん、金も手間もかければ方法はあるんです。が、それで失敗したらと思うと二の足を踏んでしまいます。(勝負しろよ!笑)

関連項目
コラム シミュレーション癖(へき)

動画
 車いすの乗り降りのようす

このエントリーをはてなブックマークに追加

上へ   前へ(P)   一覧へ戻る(B)

Counterアクセスカウンター