トップ(T) > こんなときのUD   前へ 次へ

カギ(本人認証)
そろそろ、終らせないとね。
 今回はカギ、そして本人認証です。本人認証とは、自分がその当事者かどうかを判断(もしくは判定)する方法のことを言いますが本人認証はとりあえず置いておいて、まずはカギというものを考えてみたいと思います。ひと口にカギといっても使われる場所はさまざまで、家はもちろん車・会社の机やロッカー・昔はパソコンにもついていたんですよ!何となくカッコ良さげで一時あこがれました!まぁ、使ってみるとめんどくさそうですけどね。あ、それと”青春時代の思い出”にもね・・・。(バーカ!) このようにカギというのは、ありとあらゆる場所で使われています。
 では、カギの役割とは一体なんでしょうか。まず第一に、安全の確保という点があります。家にしろ車にしろ、カギを掛けておけば入られたり取られたりはしません。第二にはプライバシーの確保があります。会社の机やロッカーには、ひょっとすると他の人に見られたくないものも入っているかもしれません。そんなときにカギがあると便利です。第三は、逆に使用の許可という意味で使われる場合があります。上述のパソコンも、カギを挿した時点で使えるようになります。裏を返せば、カギを持っている人だけが使えるということになります。そしてさらに言うと、カギというのはある意味、自分を表す道具のように思えます。
 このようにさまざまな用途で使われているカギですが、私はそろそろこのシステムは時代にそぐわなくなってきているように思います。理由は以下のとおりです。まず第一に、安全性でいえば昨今頻発しているピッキングやサムターン回しなどに対して弱いという点です。ダミーの鍵穴をつけたり感知機をつけたりといった対応策はあるのですが、根本的な解決にはなっていません。第二に、カギというものは持ち歩くものです。そうなると、どこかに忘れたり落としたりすることだって無いとは言えません。そして第三は、カギさえ持っていれば誰でも”当事者”になれてしまうという点です。極端な話、ドロボーがターゲットの家のカギを手に入れてしまえば、カギというシステム上でいえばその家の住人ということになってしまい、簡単に入れてしまいます。
 と、のっけから否定的なことばかり書いてしまいましたが、大事なシステムに変わりはありません。ですから、まずはカギについて考えてみたいと思います。
★何も、挿(さ)すだけが能じゃない。
 カギといえば、金属の棒状のものをカギ穴に挿して使うというイメージがありますが、今の時代、もっと違う方法だって考えられます。代表的なものに電波や赤外線を使う方法があります。もうすでに車のカギなどはこの方式が主流になりつつあります。ほかにも、ホテルなどで使うカードキーなどもあります。ですが、大多数は”カギとカギ穴”方式です。順に見ていきます。
★パスワードなんて、ただの子供だましでしょ。
 コンピュータの世界でカギの役割をするものといえば、パスワードや暗証番号が一般的です。会員制HPへのログインやネットバンクへのログインまでに使われています。また、機密性の高い情報や顧客情報などのデータベースを見るときにもやはりパスワードが使われています。
 パスワードという機密システムが使われるようになって久しく経ちますが、私はもうシステムとしては古くなってしまったように思います。昨今頻発している顧客データの漏えい事件に表されるように、パスワードというシステムは破られやすいものになってしまっているように思います。パスワードというのは、基本的には文字の羅列です。したがって、その並びが合ってしまえば誰でも通過できてしまうのです。たとえ文字数を増やして組み合わせの種類が何万・何十万通りあったとしても、プログラムで解析してしまえばほんの数時間で解読されてしまいます。以前はこのようなプログラムが無かったため、文字の並びに意味の無いパスワードが解読されにくいといわれていますが、現在は文字の並びに意味が有ろうと無かろうと関係ありません。また、金銭の出し入れに使うATMには暗証番号が使われていますが、やはり覚えやすいからでしょうかねぇ、つい自分の誕生日や電話番号などを使ってしまいます。(私は違うよ!) 結果、キャッシュカードが盗まれたら最後、暗証番号がバレて預金が空っぽになってしまうでしょう。また、たとえわかりづらい番号にしていたとしても4ケタの番号であれば、その種類は0000~9999のたった1万通りしかありません。
 さらに困るのは、当事者でもパスワードや暗証番号を忘れてしまうことがあるということです。よくあるおマヌケ話として、パスワードを忘れてしまわないように付箋にメモってディスプレイに貼っている部長がいるなんていうのをよく聞きます。まぁねぇ・・・わからないではないのですが、これではパスワードの意味を成さなくなってしまいます。

★そこで出てきたのが生体認証
 生体認証(バイオメトリックス認証)とは我々自身の体の一部をカギにしてしまおうという技術です。あらかじめ登録してある身体データと認証装置で読み取ったデータを比較して合致するかどうかを見ます。生体認証の長所としては、身体的特徴の唯一性(誰も同じ物を持っていないこと)・普遍性(いつでも変わらずに有ること)・永続性(それが永く続くこと)と管理が不要という点があります。私はねぇ、正直、ものすごく期待してるんですよ。だって何も持たなくても自分の体がカギになっちゃうんですよ!こんなに楽なことはないじゃないですか!忘れる・なくす・壊す、の私には”その意味では”とてもありがたいシステムです。(”その意味では”とあえて強調しちゃいました。キヒヒ・・・)
 一口に生体認証といってもさまざまな方法があります。以下に順に紹介していきます。
 また、生体認証の便利な応用法として、たとえば出かけてしばらくしてから”あれ?カギかけたっけな?”と急に心配になることがあります。そんなときでも認証の端末を持っていれば、そこから確認・施錠することだってできるかもしれません。カメラ付きケータイだったら顔や虹彩認証に使えるはずです。さらに、不正な認証があればケータイなどに警告が送られるようにすればセキュリティの面でも機能するかもしれません。
 
★そうは言っても、いいことばかりではない!(当然。)
 新しい技術というのは成熟されていない分、当然予想される問題点も多くあります。ただ、だからといって”非常用にカギをつける”なんていうアホな解決策は絶対に避けるべきです。それなら生体認証システムなんてそもそも必要なくなってしまいます。
 以下に見ていきます。

”武弘の さぁいっちょ ぶぁーっといきましょー!” 番外編 (本編はこちら) 上へ

★究極のカギ
 究極のカギは、もうあれしかないでしょう! そう、”開けゴマ!”ですよ。いや、マジで。
 別に声は出さなくてもいいのですが、 心の中で思えばカギが開くというものです。いや、初めはそこ(たとえば、あるセンサーが感知する範囲内)に行くだけで開けばいいかなと思ったのですが、それだと万が一強盗なんかに脅されてそこに連れて行かれたら開いちゃうでしょ。だから、自分がそこにいて、なおかつ”開け”と思わないと開かないようにすれば安全性も保たれるのではないでしょうか。
 問題は、どうやってそれを実現させるかですね。以前テレビで、言葉で意思を伝えることができない人が脳波でイエス・ノーを伝える実験をしていました。このシステムはもしかすると使えるかもしれませんね。要は、体の中で[判断]をしている様子や結果が読み取れる部分があればいいわけです。となるとやはり脳関係でしょうかねぇ。それともまだ発見されていない信号が何かあるのでしょうか。

参考: (順不同)
山下金物 鍵と錠前の防犯グッズ通信販売
日本音響研究所 声紋とは?
日産 マーチ
日経BP セキュリティ総合ソリューションサイト [バイオメトリクス認証]
HITACH Direct Yaskoのインターネット教室 [指紋や網膜を使った認証技術]
@IT [導入前に知っておきたいバイオメトリクス認証]


上へ   前へ(P)   次へ(N)   INDEXへ戻る(B)