トップ(T) > 自助具バカ一代

“マイストロー”を使ってみました。

 先日、テレビで『マイストロー特集』というのをやっていました。その中で、ひとつ実際に“使えそう”なものがあったので、試しに買ってみました。と言っても、楽天市場で全部ポイントで買っちゃったんですけどね。(笑)
 ここで言う“マイストロー”というのは、自分で持ち歩くストローのことを言い、“マイ箸”と同じようなものです。なんでも、今、オシャレなOLさんの間で流行っているとか・・・。(一番対極にいる人たちですね!笑)
★今回用意したストロー
マイストローの全体図  マイストローの上部拡大  マイストローの飲み口部分の拡大  マイストローの下部拡大  マイストロー・洗浄用ブラシ・タンブラー用のフタのセット(クリックで拡大)
直径9.8ミリ 長さ22.6センチ 洗浄用のブラシとタンブラー用のフタの3点セットで¥1,240円です。(ストローのみ4本セットで¥1,430円というのもありました。)材質はステンレスで、飲み口は柔らかいシリコン製です。(曲がっているのは初めからです。) 私が調べた中ではシリコン製の飲み口が付いているのはこの製品のみで、他のものは丸々ステンレス製でした。(このセットは現在、販売されていません。)
※以下、マイストローと表記します。
  • 印象
     まず、パッと見「飲み口、太っ、」って思いましたね。楽天で写真を見ると、えらく細く見えたので実物を見ると太く感じました。実際にプラスチックストローと並べてみると太さの違いがわかります。そうですねぇ、、マックシェイクのストローとタピオカのストローの間ぐらいでしょうか。

    飲み口部分の拡大図  マイストローとプラスチックストローの太さの比較(クリックで拡大)

  • 感想
    • 使い心地
       最初のひと口目を口にした瞬間、懐かしい気持になりましたね!子供の頃に使っていたビニールのチューブ(金魚のブクブクのチューブ。詳しくはコラム[長いストロ-]を参照)の感触とほぼ同じでした。
       材質がステンレスなので重さが気になるところでしたが、実際に持ってみると、さほど重量感は感じませんでした。もちろん、プラスチックストローに比べると多少、重みはあります。
       ただ、私は大丈夫ですが缶飲料を飲むときは、(特に挿したり抜いたりするときに)金属と金属が擦れる音がして背筋がゾクゾクする人がいるかもしれません。(笑)

    • 飲みやすさ
       私の場合は問題なく飲むことができました。歯で強く噛んでしまっても飲み口は弾力があるので大丈夫ですし、吸っている時も特に違和感はないですね。ただ、人によっては太すぎて飲みづらいかもしれません。

  • 検証
    • 柔軟性、折れたら?
       柔軟性は、当然のことながら飲み口部分はめちゃめちゃあります。(笑)胴体の部分はステンレスなので、めちゃめちゃ頑丈です。ちょっと力を加えたぐらいでは曲がったり潰れたりはしませんね。逆に言うと、一度折れてしまったらもう戻らないでしょうね。(実際にやるわけにはいかないので、はっきりとは言えませんが。。笑)
       ↓飲み口の柔軟性はこんな感じです。
      飲み口の柔軟性を表す動画(クリックで動画再生)

    • 耐久性、熱
       耐久性に関しては、ステンレス部分は言うことはありませんが、問題は飲み口のシリコンでしょうね。どれくらいで劣化するんだろうか。。
       熱もそうですが、歯でガチガチ噛んでいるとキズが付かないかどうか気になります。
       試しに熱いお湯を飲んでみたのですが、ステンレスの部分はお湯に入れるとすぐに熱くなって触ることができませんでした。シリコンの部分は熱が加わると柔らかくなると思ったのですが、まったく変わりませんでした。

    • 洗える?
       専用のブラシが付いているほどですから、何も問題なく洗えます。(笑)

    • 長さ
       コップで飲む場合や缶飲料は十分足りています。ペットボトルはギリギリ足りるかなという感じです。ただ、今はペットボトルの形も様ざまあるので、スリムで長めのものだと飲みづらいかもしれませんね。
       今回のものは長さが22.6センチでしたが、ネットで調べてみてもどうやらこの辺りが最長のようですね。。
      マイストローと紙ストロー・プラスチックストローの長さの比較  マイストローとペットボトル・缶飲料の長さの比較  マイストローを標準的な500mlペットボトルに挿した図  マイストローを長めの500mlペットボトルに挿した図(クリックで拡大)

    • コスト
       これは使い捨てではないのでコストという観念ではないかもしれませんが、(4本セットのもので)1本358円、、これが高いか安いかですよね。。要は飲み口のシリコンがどれくらい持つかですよね。飲み口だけ替えで売ってくれても良さそうですけどね。

    • 手に入りやすさ
       今回は、、もうね、こんなオシャレなものは私の地元では売っていないだろうということで(マジか!笑)、初めから楽天市場で探して手に入れてしまいました。後に近くのスーパーやホームセンターに行って見てみましたが、案の定どこも置いていませんでした。
       手に入りやすさという点で言うと、こちらも少し難ありかもしれませんね。マイストローも今は日用品というよりは、やはり嗜好品的な“おしゃれ道具”というような立ち位置のものなので、スーパーやホームセンターには置いていないのかもしれません。となると、これも雑貨屋?ちなみに私は楽天市場のアウトドアショップで買いました。これもねぇ、、通販で買える人はまだ良いのですが、その手段を持たない人は商品を探すのに苦労するかもしれませんね。

    • 問題点
      • 置き忘れ
         これまでは、店でプラスチックストローを使っても当然そのまま 置いてきていたのですが、マイストローとなるとそうはいかずにちゃんと持ち帰らないといけません。習慣がつくまでは絶対、忘れるでしょうね!(笑)ま、たかだか360円だって言ったってまさかこれは使い捨てにはできないでしょう!

      • 衛生面
         これも同じです。使い捨てにできないので洗わないといけません。家の中では問題ありませんが、外ですよね。。水道がないと洗うことができません。まぁね、、一日使って、最後に家で洗えば[衛生面]という点では問題ないのかもしれませんが、(そうか??夏はやばいんじゃないの?)例えばコーンポタージュを飲んだ後にそのままコーラが飲めるかって話って話ですよね。(やばい、俺、飲めるかも。。)
         コーヒーショップもプラスチックストロー廃止なんて言ってるんだから、代わりにマイストロー洗いコーナーみたいなの作ってほしいよね!(笑)

  • 総評
     思ったより使えますね!(笑)若干太さが気になるところですが、特に不満という不満はありませんでした。ま、強いて言えば長さですね。あと3センチ!長さがあれば、どんなペットボトルでも飲めるんですけどね。。惜しいです。
     それと、マイストローと言いながら、持ち歩くためのケースがないんですよね。。裸で持ち歩くわけにもいきませんので、ケースがあるといいですね。

Check!



関連項目
コラム 長いストロー

コラム プラスチックストローを廃止!?

実際に紙ストロ-を使ってみました。

紙パック飲料に付いている伸縮するストローや500mlペットボトルでも使える長いストロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

一覧へ(B)   

Counterアクセスカウンター